髪に悩む薄毛女性がヘアカラーやパーマをしたらハゲるの?

ヘアカラーしてる女子

パーマをかけると髪が薄くなるみたい…

ヘアカラーをすると髪が抜けるんだって!

どこかで聞いたことがあるような噂ですが、本当なのでしょうか??

ポイントは頭皮に影響がいくかどうか

結論から言えば、頭皮のトラブルさえ起きないのであれば、薄毛の治療ケア中だからといってパーマやカラーリングをやめる必要はありません。

女性でも男性でもそうだと思いますが、薄毛や抜け毛が気になってくると、その部分を隠すことばかりに関心がいって、髪の長さやヘアスタイルを変える余裕がなくなってくるものです。

ボリュームを出すためだけに、かけたくないパーマをかけるという方もおられると思います。

見た目の変化を楽しんだり、オシャレに気を使うことは女性の生きがいであるべきですから、それを無理にストップさせるのはかえってストレスが溜まることになるので良くありません。

何はともあれ、髪は頭皮内の毛乳頭で作られますので、頭皮から上の生えてきた部分の髪に何らかのアプローチをすること自体は薄毛になる原因になり得ないと考えられます。

毛管を含む髪の構造

ただ、それでもヘアカラーやパーマは薬剤と熱で髪の構造を変えるので、毛髪や頭皮に多かれ少なかれダメージを与えかねません。

永久染毛剤によるカラーリングは髪の毛の内部から着色させるので毛髪を傷めます。

どちらも頻繁に使っていくと枝毛や切れ毛・頭皮の荒れなど、悪い影響が起きて髪本体のツヤツヤ・いきいき・たっぷりの髪という理想状態からは離れてしまう可能性があります。

なので、負担の少ない範囲でオシャレを楽しむように心がけるようにすることが1番安全です^^

ちなみにこの記事を準備したのは当サイト管理人(男性)ですが、内容は日本初のAGAクリニックで女性の薄毛治療を専門に担当している浜中聡子先生から教わりました。

年間で3万人以上の薄毛女性が訪れるクリニックで働いている浜中ドクターに直接髪の悩みを相談できるサービスがありますので、もし髪の毛の問題が気になるならとりあえず無料カウンセリングなどを利用して本格的に治療するかどうかを決めることも現実的な選択肢になると思います。

浜中ドクター曰く、『パーマやカラーリングを止めるように』と自分からお伝えすることはありません、とのことです。

以上、参考にされてくださいね^^

女性の薄毛の原因と一人では治療が難しい理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です